いらっしゃいませ

いらっしゃいませ
プレシオサ社

ボヘミアクリスタルを製造するプレシオサ社は、チェコで一番有名な高品質クリスタルジュエリーとオブジェを作る会社である。

歴史

1376年にヴィソケ・ナド・イゼロウ市(チェコ語:Vysoké nad Jizerou)にガラス工芸の窯が発明される。1548年にムシェノ・ナド・ニソウ市(チェコ語:Mšeno nad Nisou)職人らが資材を持ち寄って最初のガラス工場を作る。1711年にプレシオサ社の伝統と遺産のルーツであるボヘミアンクリスタルの誕生。ガラス職人のFiser 兄弟が、ガラスのカッティング・磨き上げの技術を北ボヘミアに持ち込んだ。1724年にカメニツキー・シェノフ市に隣接するプラーヘン市(チェコ語:Prácheň) にて、プレシオサ社の始まりとなる、クリスタル製シャンデリアの大量生産と輸出を目的とした最初の工場が出来上がる。1725年にチェコのシャンデリアは、フランスの王、ルイ15世に注文を受け、ヴェルサイユ宮殿やフォンテーヌブロー宮殿に使用されているほか、オスマン帝国国王3世、ロシアのエリザヴェータ女王らが注文したと伝えられている。1743に年チェコのガラス工芸者たちは、マリア・テレジアの戴冠式に不朽の名作を贈呈した。1760年にジゼラ山で製造されたボヘミアンクリスタル製のジュエリーやガラスが世界に向けて販売されるようになる。1905年オーストリアの皇帝であり、ボヘミアの王であったフランツ・ヨーゼフがガラス職人の街ヤブロネツ・ナド・ニソウ市に公式訪問した。1918年に石のカッティング、研磨技術や、ビーズ、シャンデリア装飾といった分野にも進出。1945年にえ7つの主要ガラス工場が戦略的提携を結び、プレシオサ・グループが結成される。
1990年にプレシオサ・グループにPreciosa Chandeliers, Ltdが創設される。1994年にプレシオサ・グループ第3番目の企業、Preciosa Figurky s.r.o. が創設される。


PRECIOSA

プレシオサという言葉は、「貴重な、まれな、上品な」を意味するラテン語の形容詞preciousに由来する。


ASUTOREIAでは現在、スワロフスキー®︎クリスタルを使用しております。
スワロフスキー社は2021年10月からDIY撤退をしましたが、スワロフスキー®︎クリスタルの在庫が終了するまでは、スワロフスキー®︎クリスタルを使用し在庫が終了しましたら、プレシオサ®︎クリスタルを使用していきます。
カラーによっては、プレシオサ®︎クリスタルを使用する場合もございます。

What's New

LINEスタンプ販売開始
ミニマルシェ
LINEアカウント
KITAKYU マルシェ
年末年始
基本
価格改定
エンブレム
対面のご注文

新着商品

このアイコンが表示されている商品と同梱すると送料無料になります。

JRD講座

このアイコンが表示されている商品と同梱すると送料無料になります。